プラントエンジニアの志望動機の作り方!例文や企業情報の探し方も紹介

naruhashi
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
この記事を読んで分かること
  • 志望動機を作る流れ
  • 志望動機を構築する要素
  • 企業情報調査の方法
  • 志望動機の例文

「プラント業界内で転職したいけど志望動機にうまく落とし込めない」「自分がやりたいことと合致する企業の見つけ方が分からない」「企業にアピールできる志望動機の書き方が分からない」といった悩みをあなたは抱えていませんか。

この記事では、具体的にどうやって志望動機を作り上げていくかを詳しく解説していきます。
志望動機を構成する要素別に分解して紹介もしていますので、あなた自身の経験や理想に当てはめれば書くべき内容が見えてくると思います。

記事末尾には例文やプラントエンジニアの経験者・未経験者が持ち込める要素もありますので、参考にしながら志望動機をより明確に作り上げる助けになれればうれしいです。

一度志望動機を明確に作れれば、企業選びだけでなく人生の進み方にも役立ちます。大変ですが一緒に頑張って作り上げましょう!

志望動機を作る流れ:自己分析から始めよう

自己分析

自己分析は志望動機を作る上で重要なステップです。自身の適性や興味、強みを把握することによって、なぜプラントエンジニアを志望したいのか、自身の技術や知識をどのように活かせるのかを明確にすることができます。

自己分析のためには、自身の経験やスキル、興味関心、性格特性などを振り返ることが重要です。例えば数学や物理学が得意だった、実験が好きだった、問題解決能力に自信を持っている、大規模なものが好き、チームビルディングが好きなど、紙に書き出したりマインドマップを使って情報を整理することから始めましょう。

マインドマップを作る場合、使うデバイスを限定しないクラウド型がおすすめです。
下記などは無料版でも3つまでマップを作れるので、志望動機作りには十分だと思います。

MindMeister

マインドマップ
プラントエンジニアについての調査

志望する職種についての十分な知識を持つことも重要です。プラントエンジニアの仕事内容や職場環境、将来性などについて調査しましょう。プラントエンジニアの仕事は、工場や施設の設計、運営、保守などに関わるため、技術や知識が求められます。また、継続的な学習や技術のアップデートも必要とされますので、その点にも留意しましょう。

詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。

プラントエンジニアとは?未経験者向けに仕事内容や必要スキル、キャリア等を解説

あわせて読みたい
プラントエンジニアとは?仕事内容や必要スキル、キャリア等を解説
プラントエンジニアとは?仕事内容や必要スキル、キャリア等を解説
目標設定

プラントエンジニアとしての目標や理想を設定しましょう。どのような成果や貢献をしたいのか、将来どのようなキャリアパスを歩みたいのかを考えることが大切です。例えば、自身の技術や知識を活かして大規模なプロジェクトに携わりたい、持続可能なエネルギーに貢献したいといった具体的な目標を持つことができます。
目標設定によって、自身のモチベーションや方向性を明確にすることができ、どのような企業と一緒に仕事したいかが分かってきます。

具体的な志望動機の構築

自己分析や調査、目標設定を基に、具体的な志望動機を構築していきます。志望職種への関心や意欲、自身のスキルや経験の活かし方、将来のビジョンなどを盛り込んでいきます。
詳しくは次の章に記載しています。

志望動機を構築する要素

専門家になるイメージ

志望動機は以下のような構成でまとめることが一般的です。

興味・関心のアピール

プラントエンジニアに興味を持ったきっかけや関心を示します。他に多くの職種がある中、なぜプラントエンジニアに魅力を感じるのかを明確にする重要な要素です。

関心・興味の要素例
  • 大規模な仕事に携わりたい
  • 複雑なシステムの構築や運用に興味がある
  • 社会インフラを支える設備を作ってみたい
  • エネルギー問題の解決に寄与したい
  • 同じことの繰り返しでなく、常に新しいことに挑戦したい
  • 海外での仕事に興味がある
  • チームで一緒にやり遂げる仕事がしたい

産業の発展に興味を持っている場合、エネルギー問題や環境への関心、新たな技術の進化による可能性などを具体的に挙げることができます。このように、自身の興味や関心を示すことで、志望動機の根拠を示すことができます。

自身のスキル・経験の活かし方

自身が持つスキルや経験をプラントエンジニアでどのように活かせるのかを具体的に示します。例えば数学や物理学の知識を生かした解析や設計、過去のプロジェクトで培ったチームワークやリーダーシップなどを挙げることができます。また、プラントエンジニアでは問題解決能力やコミュニケーション能力も重要ですので、自身の経験やスキルを通じてそれらの要素をアピールすることも効果的です。

プラントエンジニアが求められるスキルを下記に例示しますので、自身のスキルや経験がどれに当てはまるか考え、志望動機の文章を膨らませてみてください。

プラントエンジニアの必要スキル
  • 技術的知識と理解力
  • 問題解決能力
  • コミュニケーション能力
  • 実践的なスキル
  • 安全意識

必要スキルの概要は下記記事にありますので、よろしければ下記記事も読んでみてください。

プラントエンジニアとは?未経験者向けに仕事内容や必要スキル、キャリア等を解説

あわせて読みたい
プラントエンジニアとは?仕事内容や必要スキル、キャリア等を解説
プラントエンジニアとは?仕事内容や必要スキル、キャリア等を解説

成長やキャリアパスへの期待

プラントエンジニアとしての成長やキャリアパスについての期待を述べます。例えば、技術の専門性を高め技術的に困難な課題を解決したい、プロジェクトのリーダーとして活躍し大規模プロジェクトを成功に導きたいなど、将来の展望を示すことが重要です。

具体的な目標や理想を持ち、そのためにどのようなスキルや知識を身につけたいのかを述べることで、自身の成長意欲やキャリアに対する熱意をアピールすることができます。

企業とのマッチング

自身の志望動機と合致しそうな企業を結び付けます。企業の特徴や価値観に共感し、その企業でなぜ自身の目標を実現できるのかを明確にします。
具体的な企業の特徴や取り組みについて調査し、それに基づいて自身の志望動機をカスタマイズすることで、企業への適合性や熱意をアピールすることができます。企業のウェブサイトや報道記事、社員の声などを通じて情報を収集し、自身の志望動機と企業の理念や価値観をリンクさせることが重要です。

おすすめの企業調査方法は会社のIR情報を見ることです。

IR情報には、企業が株主や投資家に対して知っておいて欲しい情報が載っており、企業選びの際にとても参考になります。
「投資家の皆さまへ」「個人投資家の方へ」といった形で会社概要を分かりやすく説明した資料もあれば、決算資料等もありますので、以下のような情報を読み取ることができます。

IRから得られる情報
  • 会社概要
  • 各種財務情報。何で稼いでいるのか、どの分野に強みがあるのか
  • 今後何に注力していくのか
  • 人員構成、平均年齢、平均勤続年数、平均年収

今まで作ってきた自分の興味関心、経験の活かし方、成長やキャリアパスとの期待と、自分が働きたいと思う会社との間に齟齬が無いか確かめ、志望動機を練り上げていきましょう。

IR情報を見れば会社のデータは大体分かります。IR情報で得た知識を面接で問いかけたりすると、好印象を得ることが多いです。

志望動機の例:興味関心から膨らませよう

参考として、以下に志望動機の例を載せておきます。

例1:物事の効率化と環境問題への貢献

「私がプラントエンジニアを志望する理由は、自身の技術や知識を活かせる職業であるからです。数学や物理学への興味を持ち、その知識をプラントエンジニアの設計や解析に活かしたいと考えています。昔から物事の効率化が好きだったので、数学や物理学の基礎を応用し効率的なプラントの設計や運用を実現することに魅力を感じます。

さらに環境保護や持続可能性に仕事を通して寄与できることにも関心を持っています。エネルギー効率の向上や再生可能エネルギーの導入など、環境に配慮した取り組みが世界的に求められています。自らの仕事を通じて社会全体の持続可能性に貢献したいという私の思いと、プラントエンジニアの仕事内容が一致しており、強く興味を持ちました。」

例2:問題解決能力の発揮とチームワーク

「私はチャレンジ精神と問題解決能力を持っており、同じ仕事が無いプラントエンジニアという職種に興味を持ちました。実際に前職のプロジェクトでは困難な課題に立ち向かい、柔軟な思考と行動力で解決に取り組んできました。プラントエンジニアは、プラントの異常や故障といった問題に対して迅速かつ適切な対応が求められます。私はそのような状況においても冷静に問題を分析し、解決策を立案する能力を持っており、トラブルをチームの力で解決するのが好きでもあります。

そのためプラントエンジニアがチームでの協力やコミュニケーションを通じてプロジェクトの成功に貢献することができる点や、常に変化する技術や環境に対応しながら成長していける点に強い魅力を感じています。」

プラントエンジニア経験者の場合

プラントエンジニア経験者の場合は、以下のような要素を志望動機に盛り込むことができます。

すでに同じ業務を経験した実績がある人は強いです。
前職での経験を積極的にアピールしていきましょう!

  1. 過去の経験から得た知識やスキルを活かしたいという意欲
    プラントエンジニアとしての経験を通じて培った専門知識や技術スキルをさらに活かし、より高度なプラントの設計や運用に挑戦したいという意欲を示します。
  2. より高度な技術やプロジェクトに挑戦したいという成長意欲
    経験を積んだプラントエンジニアとして、新たな技術やプロジェクトに取り組みたいという成長意欲を示します。自身のスキルをさらに向上させるための挑戦を望んでいることを示します。
  3. リーダーシップやチームマネジメントの経験を活かし、新たなプロジェクトの成功に貢献したいという貢献意欲
    過去の経験で培ったリーダーシップやチームマネジメントの能力を活かし、新たなプロジェクトの成功に向けて貢献したいという意欲を示します。チームをまとめる能力やプロジェクトの戦略立案など、経験を通じて培った貢献意欲をアピールします。
  4. 経験を通じて気づいた課題や改善点に対して取り組み、業界全体の発展に貢献したいという社会貢献意欲
    過去の経験を通じて気づいた課題や改善点に対して取り組むことで、業界全体の発展に貢献したいという社会貢献意欲を示します。自身の経験から得た知見を活かし、より良いプラントエンジニアリングの実現に向けて貢献したいという意欲をアピールします。

プラントエンジニア未経験者の場合

プラントエンジニア未経験者の場合は、以下のような要素を志望動機に盛り込むことができます。

  1. 学術的な知識や問題解決能力を活かしたいという意欲
    数学や物理学、化学といった学術的な知識や問題解決能力を活かして、プラントエンジニアとして成長し、実践的なスキルを身につけたいという意欲を示します。
  2. 環境問題やエネルギー問題に関心を持ち、プラントエンジニア職を通じて社会貢献をしたいという意欲
    環境問題やエネルギー問題に対する関心や意識を持ち、プラントエンジニアという仕事を通じて社会貢献を果たしたいという意欲を示します。持続可能な社会の実現に向けて貢献したいという思いをアピールします。
  3. チームでの協力やコミュニケーションを通じて、プラントエンジニアとしての仕事に貢献したいという貢献意欲
    チームでの協力やコミュニケーションを通じて、仕事に貢献したいという意欲を示します。協調性やコミュニケーション能力の重要性を強調し、チームプレイヤーとしての姿勢をアピールします。
  4. 現代の産業において重要な役割を果たすプラントエンジニアとして、自身のキャリアを築いていきたいという成長意欲
    プラントエンジニアが現代の産業において重要な役割を果たしていることを認識し、自身のキャリアを築いていきたいという成長意欲を示します。自身の成長と共に産業の発展に貢献したいという意欲をアピールします。

まとめ

志望動機を作る際は、下記手順で情報をまとめていきます。

自己分析
  • 自己分析は志望動機作成の重要なステップ。
  • 自身の適性や興味、強みを把握し、プラントエンジニア志望の理由を明確にする。
プラントエンジニアについての調査
  • 志望する職種について詳しく知る。
  • プラントエンジニアの仕事内容や求められる技術・知識、将来性を調査する。
目標設定
  • プラントエンジニアとしての目標や理想を設定する。
  • 自身が成果や貢献をしたいことや将来のキャリアパスを考える。
具体的な志望動機の構築
  • 自己分析や調査、目標設定を基に具体的な志望動機を作る。
  • 関心や興味、自身のスキルや経験の活かし方、成長やキャリアパスへの期待を盛り込む。

志望動機の構築では、以下の観点で情報を整理するといいでしょう。

  • 興味・関心のアピール
    なぜプラントエンジニアに興味を持つのかを明確にする。
  • 自身のスキル・経験の活かし方
    数学や物理学などの知識を活かし、プラントエンジニアでどのような仕事ができるか具体的に示す。
  • 成長やキャリアパスへの期待
    将来の展望や技術の専門性向上など、成長に関する期待を述べる。
  • 企業とのマッチング
    志望動機と企業の特徴や価値観を関連付けて、適合性や熱意をアピールする。

以上の要点を押させながら、自分の理想を実現させる企業への入社を決める志望動機を作り上げましょう。

ABOUT ME
Naruhashi
Naruhashi
設計エンジニア
大学では化学工学を学び、プラントエンジニアとして10年以上のキャリアがあります。プラントエンジ、事業会社、メーカーエンジと、様々な立場で実務を行った経験を活かし、プロジェクトが滞り無く進む仕事の組み立てを心がけています。携わる案件は、数万円のものから数百億円のものまで、千差万別です。
記事URLをコピーしました